【京橋シェアオフィスBTSイベント】
「知財戦略で年商1億越えを目指す方法とは!?スタートアップのための「知的財産」イベントレポート」


年商1億越え!を目指すあなたの“”知財戦略“”のセミナーをBTS―OFFICEセミナールームにて開催しました。

 

事業を始めたばかりスタートアップでは時間、資金面等の要因で、知的財産という課題が先送りになってしまっています。しかし、事業を大きくしていく過程で企業の成長ステージが商品・サービスを売る、事を進めるところから新しいアイデアを思いつき、キャッシュポイントを作りだしていくステージに転換していく中で、どうしても作りだした知的財産の管理というものが必要になります。その重要性について渡邉知的財産事務所の所長である渡邉さんからお話されました。

知的財産権とは

人間の知的活動によって考えられたアイデアや創作物には財産的な価値を持つものがあり、そのことを指します。それらの中に特許権や実用新案権など、法律で規定された権利や法律上保護される利益があります。具体例としては特許権、意匠権、商標登録、著作権、商号などです。ではなぜ保護する必要があるのかは、例を出すとスタートアップ企業が研究開発し、それを知った別の会社がそれを知り、スタートアップより先に販売してしまい模倣した会社は利益を出して、スタートアップ企業は模倣品と思われ、売れなくなります。開発するためにかかった開発コスト、人件費などのコストを回収できないリスクを回避するために保護する必要があります。

守るより攻める知的財産戦略

知的財産は一般的に権利を保護する、模倣されないようにするようにするなどの守るためだけでなく、企業の中で情報を整理整頓して、いつでも誰にでもわかるように整理していくことで誰がどんな仕事をしているのかを把握できます。経営上の意思決定をしていく中でも自社にどんなノウハウを持っているのかを把握していることは競争優位になっていくと考えています。そうすることで、人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資などをする際の資金調達を受けやすくなり、より低い利率で借りることが可能になります。これはビジネス上で優位であり、将来を見据えて考える際にも大きな強みになります。そして、具体的にはまずはブランディング、次に事業計画に知的財産を落とし、技術会社であればコアだけは押さえることをしていくことが重要です。

名刺交換会

セミナー終了後は、お茶を飲みながら、みなさん30分という短い時間でしたが、自分たちの事業について話で盛り上がりました。有意義な時間を過ごすことができたと思います。

 

BTSオフィスではスタートアップやビジネスのヒントとなるイベントを定期開催しています。

お気軽にご参加下さい。

http://bts-office.braintrust-from-the-sun.co.jp/archives/category/event

BTS-OFFICEについて

BTS-OFFICEは東京駅、京橋のシェアオフィスです。コワーキングスペース、イベントスペース、そしてインキュベーションスペースとしての機能を持ち合わせています。
東京駅、京橋のシェアオフィスBTS-OFFICEについてはこちら