fbpx


小規模不特法事業で空き家再生 2018/10/10 全戸賃貸住宅新聞掲載記事


1号、2号を同時に登録

観光地の空室や空き家を借り上げ、宿泊施設にコンバージョンする事業を行うBrain Trust from the Sun(東京都中央区ːブレイントラストフロムザサン、以下BTS)は5日、小規模不動産特定共同事業法1号と2号の登録を受けた。10月末から、運営するホテル『琥珀』の改修費用の出資者を募集する。

小口販売する『琥珀』は、神奈川県鎌倉市材木座に立つ築100年ほどで約100m2の平屋をホテルに改装したもの。2018年4月にオープンしたばかりだが、旅行業の運営ノウハウがあるため、7月と8月の稼働率は80%を超えた。

今回の販売は、まずBTSが運営する『琥珀』への出資募集として、1号事業者として行う。

今後、2号事業者としての募集も行う予定だ。小規模特例事業者(SPC)に物件を所有させ、BTSがホテル事業を行うことにより、万が一BTSに資金難が生じても出資者がリスクを負わずに済む仕組みの構築を目指す。

将来的には『琥珀』を3階建てにするための改修費用の出資を募る予定。実績と信頼を得たところでさらに出資者を募る形で空き家活用事業を拡大していきたい考えだ。

BTSの大川桂一社長は「地方創生のために出資したい投資家はいても、信用できる投資先でなければ出資はしない。似たような取り組みが全国の不動産会社に広まるように、まずは弊社がモデルケースとして実績を積み上げていきたい。2号事業者は出資者を直接探すことができないため、将来的には4号事業者としての許可取得を目指していきたい」と話した。

 

BTS-OFFICEについて

BTS-OFFICEは東京駅、京橋のシェアオフィスです。コワーキングスペース、イベントスペース、そしてインキュベーションスペースとしての機能を持ち合わせています。
東京駅、京橋のシェアオフィスBTS-OFFICEについてはこちら